クレーターを根こそぎ治療する|凸凹の息の根を止める

女性

永久脱毛をする

医者

永久脱毛は医療行為なので、お医者さんがいないエステサロンでは受けることができません。リゼクリニックにはお医者さんがいるので、安心できます。また痛みの軽減にも取り組んでいるのです。リゼクリニックのスタッフさんは、患者さんの立場で行動してくれます。

詳細

皮膚を若返らせる

注射

認可を受けているプラセンタ注射の成分には2種類があります。そのため、美容整形外科でプラセンタの注射を受ける際には、使用されている薬剤の確認をすることが大切となるのです。この注射には、シワやシミ、ニキビ治療などの効果があり、皮膚の再生能力を向上させることで、アンチエイジング効果も期待できます。

詳細

にきび跡が酷くなったら

婦人

真皮が傷つくと凸凹に

顔のにきびが肌の奥深くまで浸透してしまうとクレーター跡のような凸凹の表面になってしまいます。人によっては表皮の入れ替わりによって自然に治る場合もありますが、こうしたクレーター状態は肌の真皮が傷ついているのです。つまり傷ついた患部と周囲の正常な肌と新陳代謝が均一に行えなくなるのでクレーター状態が継続してしまうことになるのです。こうしたクレーター状態を改善するためには、医療機関において診断と治療を受けることです。治療法としては基本的にレーザー照射により患部を除去し、正常なターンオーバーになるよう目指します。しかし正常な周囲の肌とバランスをとるためには何度かレーザーによる照射治療を行わなければならず、完治までの時間を要することになります。

日頃のケア対策

医療機関での治療費用はクレーターの大小や深さによって変わってきます。またレーザー照射治療は保険適用されませんので、費用面においては医療機関としっかり相談しておくことです。医療機関の選び方としては施術の腕の良さもそうですが、金額面においてどのくらいの費用がかかるのかをあらかじめ提示してくれるところが安心できます。決して安くはありませんので今後かかる費用についてもしっかり相談しておくことです。医療機関での治療と合わせて日頃のケアも重要になってきます。基本的なことですが、肌のトラブルは寝不足や食生活、日常のストレスによるものが大きいのでこれまでの生活を見直すことに努めなければなりません。また適度な運動を行うことも大事です。あまり特別なことではありませんが、これらを継続して行うことで徐々に改善していくことになります。

若々しい肌にするため

婦人

失われたヒアルロン酸やコラーゲンを基礎化粧品で補充するだけでは、肌は若返りません。しかし、ラジオ波や超音波による治療で線維芽細胞を活性化させると、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成量が増えることから、肌は若返っていきます。また、線維芽細胞を増やすグロースファクターを注入することも効果的です。

詳細