若々しい肌にするため|クレーターを根こそぎ治療する|凸凹の息の根を止める

クレーターを根こそぎ治療する|凸凹の息の根を止める

ウーマン

若々しい肌にするため

婦人

生成率の上昇

肌の老化現象は、肌でヒアルロン酸やコラーゲンが作られにくくなることが原因となっています。ヒアルロン酸が不足すると、肌には乾燥によるシワが生じやすくなりますし、コラーゲンが不足すると、弾力が少なくなってたるみやすくなるのです。ヒアルロン酸やコラーゲンは、基礎化粧品の使用によって肌に補充することができます。しかしこの場合は、失われた分を補充するわけですから、老化現象はある程度食い止められますが、肌は若返りません。そのため美容外科では、若返りのために、補充するのではなく肌での生成率を上昇させるという治療がおこなわれています。生成率が上昇すれば、ヒアルロン酸やコラーゲンは減少しにくくなる上に、増えやすくなります。そのため老化防止効果に加えて若返り効果も出てくることになるのです。

線維芽細胞の働き

美容外科での若返り治療では、具体的にはラジオ波や超音波が使われています。これらによる振動で肌が温まれば、ヒアルロン酸やコラーゲンを生み出す線維芽細胞が活発に働くようになるのです。さらに美容外科では、その線維芽細胞自体を増やすことができる、グロースファクターの注入という若返り治療もおこなわれています。グロースファクターとは、細胞のもととなるたんぱく質で、血液中に含まれています。これを血液から取り出して、濃縮した上で注入します。すると注入した箇所では、多くのグロースファクターによって線維芽細胞が作られやすくなります。そしてそれにより、ヒアルロン酸やコラーゲンも増え、肌が若返っていくのです。いずれの治療も、手軽な上に効果が高いことから、話題となっています。